fbpx

「従業員のモチベーションをアップさせたい」「やりがいを感じてもらいたい」「離職防止・定着率向上を図りたい」といったお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こういったお悩みを解決に導く福利厚生として「社内ポイント制度」が、昨今注目を集めているようです。

そこで今回は、社内ポイント制度とはどういう制度なのか、導入効果・メリットを紹介していきます。

社内ポイント制度とは

勤務実績や社内貢献などに応じて従業員に独自のポイントを付与し、貯めたポイントをギフト券や社内制度の利用権などの賞品に交換できようにする福利厚生制度です。

「インセンティブポイント」や「ポイント型インセンティブ」「社内通貨」とも呼ばれています。

社内ポイント制度の導入効果

頑張りへの評価を形にできる

給与支払いだけでは伝わらない感謝や評価を、ポイントの形で可視化して伝えることができます。例えば、大型連休やお盆時期など人員確保が大変な時期のシフト協力に対して、通常の時給だけでは表せない感謝の気持ちとして特別勤務ポイントを設定し、付与することもできます。

頑張りが正当に評価されることで「やりがいがない」「分かってもらえない」といった職場への不満が出にくくなり、従業員のモチベーションアップ・定着率の向上が見込めます。

働く目的・動機を増やせる

魅力的な賞品を用意することができれば、給与以外の楽しみ・動機の1つとして、従業員の労働意欲を喚起できます。

例えば人気レジャー施設の利用券や、職場周辺でも使用できる食事券などは、従業員同士の交流やコミュニケーションを促進する効果もあるようです。

タイムリーで低コスト

労働に対する評価として一般的な手段は給与のベースアップや賞与ですが、永続的な人件費の増加につながるためハードルが高かったり、人数が多ければ一律の定量的な評価に偏りがちな側面もあります。

その点では、個々へ流動的に付与できる社内ポイントであれば、より効率よく、タイムリーに従業員1人1人の頑張りを評価できます。

新規採用も強化できる

既存の従業員のモチベーションアップ・定着率向上ももちろんですが、新しい人材を募集する際、他社との差別化を図る武器としても活用できます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、社内ポイント制度について紹介しました。

従業員の頑張りをタイムリーに評価することができる社内ポイント制度は、従業員のやる気アップにとても効果的です。社内ポイント制度の運用・管理をサービスとして提供している会社もあるので、外部委託(アウトソース)してしまえば自社の業務負荷も抑えることができ、比較的導入しやすい福利厚生と言えると思います。従業員に喜ばれる制度の1つとして、検討してみてはいかがでしょうか。

散らかったツールや情報を一元化!
社内ポータル導入のすすめ
資料をダウンロードする
  1. Home
  2. /
  3. 採用・雇用
  4. /
  5. 採用・雇用全般
  6. /
  7. 従業員のモチベーションアップに繋がる「社内ポイント制度」とは?導入効果・メリットを紹介!